仙台のセレクトショップ TRUNK

Workers(K&T H MFG Co.)
USN Cotton Sweater, Navy wk09

14,000円(税込15,400円)

定価 14,000円(税込15,400円)

Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater


PANTS FOB FACTORY Baker Pants
SHOES French Military Service Shoes


Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater


OUTER Workers(K&T H MFG Co.) RAF PARKA, Ventile, Black
PANTS FOB FACTORY Baker Pants
SHOES French Military Service Shoes



某海外の極厚カットソー。ボーダーが有名です。あの生地のさらに倍の厚みを目指した超極厚天竺。スペックで言うと、某海外製が16番双糸(8番程度)の天竺。これでも、ジーンズに使う13.5オンスデニムが7番クラスの糸で織るので、いかに厚いかわかります。WORKERSでは、さらにその16番双糸を編み針に2本引き揃えることで、4番クラスの糸で編んだ天竺生地になります。

もともと、この生地を見てふと思いついたのが「古着である極厚のミリタリーセーター」でした。以前から、あれをウールでは無くコットンでやりたいと思っていたので、そのイメージにぴったり。ただ、身頃の天竺だけではセーター的形にはならない。そこで、この身頃に合った分厚い「横付属」が必要になります。
この「横」というのは編み機の形で、Tシャツやスウェットに使う天竺・裏毛は丸い形の「丸編み機」で編むことが多く、袖口、ネック、裾に使ったようなフライスは丸編みでも編めるのですが、今回のように細かく寸法や編み方を変えたいとなると「横編み機」の方が向いています。そういった「横編み機」で部品を作ることを総称して「横付属」と呼んでいます。

裾は針抜き、袖口と襟は通常のフライスと編み目を変えています。これを縫い合わせることで、かなりセーターに近い雰囲気に。もともと、古着のUSNセーター自体、身頃・襟・袖口(場合によっては裾)と別々に作った部品を縫い合わせて作る「ニットソー」がほとんど。そのため、今回のようにコットンでカットソーで作ってもかなり近い風合いに成っています。シャツの上はもちろん、コットンなのでチクチクしないのでTシャツの上に1枚でも着て頂けます。
製品はノンウォッシュです。ギチギチに詰めて編んでいるので洗いによる寸法変化は小さいです。



Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater
Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater


オーバーロックでつないだパーツを表から「マタギ」と俗にいう方法で縫っていきます。二本針で縫い目をまたぐように縫うことから「マタギ」と言います。
裏には振り目(ベルトループの裏と同じです)が出ます。



Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater


袖口のフライス。裾は針抜きフライス(リブ)。このあたり、参考にしたビンテージのセーターから。
実は、USNのセーター、ウールが圧倒的に多いのですがコットンもあります。これは、大阪の古着屋さん、サーチライトさんのご厚意で参考品を見せていただきました。なので、コットンのニットソーセーター風、これも数が少ないだけで全くなかったわけではない。
それでも、ウールが圧倒的に多い理由はわかります。ウールは軽い、そして暖かい。繊維自体が絡んでいるので、落ちも少ない。多少、チクチクするのに目をつぶればウールの機能性も捨てがたかったのだと思います。



Workers(K&T H MFG Co.) USN Cotton Sweater



身頃の天竺、腰の針抜きリブを裏から見たところ。縫い合わせものを表からマタギで縫う。結果、裏は振り目がかかる状態です。振り目は伸縮性があり、また二度縫いしているのでたとえ振り目が若干切れてもまだ最初の止めが残る。フラットシーマーも良いですが、このマタギもカットソーには欠かせない縫い方です。



サイズ S M L XL
バスト 48.0 52.0 57.0 62.0
肩幅 43.0 45.0 46.0 47.0
着丈 65.0 65.0 66.0 67.0
袖丈 62.0 63.0 64.0 65.0
袖口幅 8.5

素材
身頃:コットン100%・16番双糸・引き揃え・4番クラス、14オンス天竺
リブ:コットン100%・横編み付属

縫製 スパン糸/一部ウーリー糸



Workers K&T H MFG Co.
岡山を拠点にし、主にアメリカ物ワークアイテムを紹介しているブランドです。
古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。
生地やパーツにこだわり抜いた商品ながら非常にコストパフォーマンスの高いアイテムが特徴です。

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めている。

おすすめ商品